1. トップページ
  2. 検査内容及び基準値
  3. 大腸がん健診

大腸がん健診

大腸がん健診

大腸がんは症状が出にくいことが特徴です。したがって、症状(出血・便柱が細くなる・便秘や下痢など)が出てからでは遅く、早期がんの発見には検診が必要です。大腸がんは早期に発見できれば、内視鏡による切除や手術によって100%近い治癒率が見込まれます。したがって、男女とも40歳以上、特に発症のリスクが高くなる50歳以上の男性は、年1回の検診を強くおすすめします。

便潜血検査

男性
1日 a b c d 2日 A B C
女性
1日 f g h i 2日 F G H

消化管からの出血により、便の中に存在する微量の血液の有無を調べる検査です。大腸がんのスクリーニング検査として有用です。がん以外にも大腸ポリープ、肛門出血や痔出血でも陽性になることがあります。便潜血で陽性が出たら、まず大腸内視鏡で大腸がんの有無を確認する必要があります。しかし、早期がんの50%、進行がんの10%位は便潜血が陰性の場合もあります。したがって、40歳以上の方は2~3年に一度は大腸内視鏡検査の受診をおすすめします。

▲このページの先頭へ

大腸内視鏡検査

男性
オプション
女性
オプション

肛門からファイバースコープ(内視鏡)を挿入して大腸全体を観察する検査です。大腸がんの発見には大腸内視鏡検査が最も精度の高い検査です。大腸ポリープや炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病など)も診断できます。検査の前処理として、下剤を服用し、さらに当日1~2リットルの腸管洗浄液を飲んで、便を全て出していただきます。前がん病変の可能性があるポリープなどが見つかれば、検査と同時に切除(ポリペクトミー)することも可能です。切除には、出血や穿孔のリスクを伴うため、術後の様子を観察するために、一泊入院が必要になることがあります。

【大腸ポリープ症例】

【早期大腸がん症例】

▲このページの先頭へ

CTによる大腸がん検診大腸CT検査(CTコロノグラフィー:CTC)を導入

男性
オプション
女性
オプション

平成26年5月より大腸CT検査(CTコロノグラフィー)を始めました。

大腸CT検査(CTコロノグラフィー:CTC)とは?

内視鏡を挿入せずに、大腸をCTで撮影し、このCT画像をコンピューター処理することで、『注腸検査のような画像』(仮想注腸像:図1)はもちろんのこと、まるで『内視鏡で腸内を診ているかのような三次元画像』(仮想内視鏡像:図2)、『大腸を切断し平坦に伸ばしたような画像』(VGP像:図3)を得ることができる検査です。

利点
  • 前処置が少ない
  • 大腸に比べて痛みが少ない
  • カメラが入らない人でも検査可能
  • 検査時間が短い
  • 腸管外病変も検査可能
欠点
  • CTでの検査になるため、多少の被ばく(2~7mSv)がある
  • 小さいポリープ(5mm以下)の発見が難しい
  • 組織の生検ができない

▲このページの先頭へ

次へ

検査内容及び基準値

健診のお申し込み・お問い合わせ先

社会医療法人 中山会
宇都宮記念病院
総合健診センター

〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り1-3-16

電話・ファックス番号

  • 社会医療法人 中山会 宇都宮記念病院
このページの先頭へ